運転を仕事にしよう

講義

就職しやすい職場

法人のタクシードライバーは、常に求人がある状態ですから就職しやすい職業です。特に年配の方の採用率も高いので、高齢になってからの転職先として最適です。ただし平均年収は、法人タクシードライバーで300万円程度と決して高くはありません。しかもその上基本給に歩合が加算される形態なので、固定給の仕事を敬遠した方ははじめは戸惑うでしょう。ただしがんばればその分給料も上がるので、やりがいがある求人といえるでしょう。さらに仕事と一緒に住居を提供してくれる求人もあるので、引っ越しと転職を同時に考えている方にも向いています。またタクシードライバーの求人では、はじめから第二種の免許は必要ありません。研修期間中に取得すれば大丈夫なので、第二種免許がない方でも求人に応募可能です。

法人から個人タクシーへ

法人タクシードライバーの仕事を十年勤め上げれば、個人タクシーのドライバーになれる可能性も出てきます。ただしそれには65歳未満であることと、申請から三年以上無事故無違反であることが条件です。その上で新規で開業する許可を得るか、あるいは既存の事業をタクシードライバーから譲渡または相続する必要があります。この際運転歴を証明しなくてはいけませんが、社会保険に未加入の状態ではいくら在籍証明書があっても無効ですので気をつけましょう。また個人タクシーを開業する際は、運転資金や保険などで200万円前後の資金を用意しなくてはいけません。さらに営業場所が自宅のある地区だけとなるので、採算がとれるかどうかあらかじめ確認してから申請しましょう。これらをクリアして個人タクシードライバーになれれば、法人時代より年収アップも可能です。定年も自分次第ですから、長く仕事をしたい場合は早めに法人から個人タクシーに転身しましょう。

感謝され融通の利く仕事

講演

タクシーの求人はよく見かけますが、シフト勤務の為に自分の予定に合わせて働けること、また特殊な資格は必要なく誰にでも始めやすいこと、直接お客様を相手に感謝を実感できるなどといったメリットがあります。したがって、タクシーのドライバーは職業として注目を集めているのです。

View Detail

ドライバーのこれから

セミナー

都会にはタクシーに乗る際、混んでいる場所を少し避けて乗ることで行列を回避する事ができます。またドライバーとして活躍したい場合は、様々な求人を比較し、福利厚生やライフスタイルに合わせた働き方を得る事が大切です。

View Detail

人々の足となる仕事

男女

これから需要が伸びるとされるタクシー運転手ですが、人手不足なため、様々な条件で求人を募集しています。第二種免許を持っていない人には取得支援をしてくれますし、昼間だけなどと言ったパート運転手の求人もあります。

View Detail